ドクター

鼻づまりを放置しない|難聴になる危険性がある

よい機器を探す

少年

選び方一つで変わる「聞こえ方」

普段全く「聞こえ方」に問題がない場合、補聴器について販売されている店を知っていたり、店頭のポスターなどを見たことはあっても選び方について知っている人は多くはないでしょう。そのような状態で加齢などにより補聴器が必要になっても選び方がわからずなかなか上手くは選べないものです。しかし補聴器の選び方はその後の「聞こえ方」に大きく影響します。決して安いものではありませんし、買ってみて「失敗した」と思ってもそうそう買い替えられるものではありません。使用者の耳の形や聞こえ方の状態、またどのような環境で綺麗に聞こえて欲しいかといったライフスタイルなど、様々な要因を検証しその人にあったものを選べば、その後の聞こえ方は大変良いものになります。

最新の補聴器の機能とは

最近では補聴器の種類も増えて小型化も進んでおり、より目立ちにくい補聴器が増えました。またただ単に音が大きく聞こえるだけでなく、様々な機能を搭載した高性能補聴器もたくさん登場しています。例えば使用者が補聴器の使用中に日常会話・音楽会・映画館など様々な環境に応じて変更したボリュームの設定を記憶・蓄積し、使用者にとってより自然な音量に自動的に変更する機能を持ったものなどがあります。まさに使えば使うほど使用者に馴染む、成長する補聴器です。店頭で選び方についてのアドバイスを受ける際に様々な機能についても説明を受け、より自分のライフスタイルに馴染む補聴器を選べば、より気持ち良く聞こえる毎日を過ごせるでしょう。