ドクター

鼻づまりを放置しない|難聴になる危険性がある

利用する

病院

聴覚の低下の際に使用する補聴器

加齢とともに衰えを感じだすことも見られるのが聴覚です。自分では自覚をしない間に少しずつ聴覚が衰え始めてくることもあります。家族や親しい人の会話がうまく聞き取りにくくなると、うまくコミュニケーションをとることができずに疎外感を感じるようになってしまうかもしれません。近年はとても高品質な補聴器が販売されています。中には補聴器をつけていることすらわからないほど小さな大きさにもかかわらず、とても高性能なものもあります。自分の状態に合ったものを選ぶことで、聴覚の衰えを十分に補うことができます。そのためには認定補聴器技能士が在籍している販売店を利用するようにすると、とても安心できます。販売店では、多くの補聴器がありますし、その中からふさわしいものを紹介してもらうことができます。

信頼できる販売店で相談する

補聴器選びは装着した後のフィット感を確かめる期間のほうがむしろ大切です。実際にきちんと聞き取れていて暮らしに困らない使い方ができるようになるかをしばらく確かめなければなりません。そのためにも責任を持って対応をしてくれる販売店を利用するようにすると安心できます。補聴器をいきなり購入するのではなく、しばらくの期間レンタルをして使い心地を確かめてみるといいでしょう。実際に使い心地を実感することで、長く使ってもいいものかどうかがよくわかります。販売店では補聴器のレンタルの可能なところが多くあります。説明を受けたり、フィット感を調整しながら、聴覚を補うのに便利な補聴器を選ぶようにすると中核の低下を補うことができるでしょう。