ドクター

鼻づまりを放置しない|難聴になる危険性がある

気になること

マスクの女性

現在販売されている補聴器

補聴器を選ぶ場合には自分の耳の聞こえる状態に適したものを選ぶ必要があります。現在補聴器として販売されているものには、多様な種類のものがあります。機能性だけではなく、外観にも大きな違いがあります。補聴器の選び方として基本的なことはまず自分の耳の聞こえ具合を正確に測定してもらうことです。専門の病院などで測定できる他にも、補聴器を販売しているお店でも聴力の測定ができる所もあります。聴力の測定をしてもらう場所の選び方も大切になります。最新型の性能の良い測定器を使用している所なら、より精密に聴力を測定してもらえます。自分に合った補聴器を選ぶためには、どのような音が聴き取りにくいのかを調べることも大切です。

購入するときの選ぶ方法について

補聴器の選び方で重視されることが多いのは、実際に装着したときの見た目です。補聴器が必要な人でも、あまり目立たないようなタイプのものを好んで購入している人も少なからずいます。補聴器の中でも特に目立ちにくいものは、耳の穴の中に入れて使用するタイプのものです。最近ではこのタイプのものの中には、外部からほとんど見えなくなるような小型のものも販売されています。それ以外にも耳にかけて使用するタイプのものもあります。このタイプのものは耳の穴に入れるタイプより大きさがあるため目立ちやすいですが、その分多様な機能を兼ね備えているのが特徴です。実際にお店で購入するときの選び方としては、まずお店の店員にしっかり相談することから始めます。