医者

鼻づまりを放置しない|難聴になる危険性がある

最悪の事態を回避しよう

ナース

レンタルできる場合もある

補聴器を作る時は、耳の聞こえ方を調べる事から始めます。高音から低音まで聞き取り、データー化します。25デシベルの場合は、生活する時の最低限の聴力になります。本人が聴力の低下に、気付きにくい場合が多いので周りの方が気付いてあげるのが大事になります。データーを元に、補聴器の聞こえ方を調整します。音の周波数ごとに左右の補聴器を調整するのです。補聴器は耳穴のタイプから、耳かけのタイプまで、様々な種類がありますので、選び方は自分に一番あったものを選ぶのが理想です。良く売れる商品は20万円程度と高額な補聴器もありますので、選び方には十分に考えてから購入する事が必要になります。店によっては、有料になりますが貸し出しも行っている所もありますので、これらを検討する事も選び方としてはあります。

快適に過ごそう

最近の補聴器は付けているところが、全くわからない商品があります。補聴器を付けているところを見られたくない方にとっては、非常に良い商品です。オシャレ感覚にも優れていて、少し工夫をする事によって快適な生活が出来ます。また小型で1グラムという軽量の補聴器もあります。これはiphoneと連携して、音量を自分で調節したり、無くした補聴器を探す機能もついています。選び方には様々あり、現在では出張のサービスを行っている所もあります。高齢で、家にこもりがちな方のトラブルなどを解決する事が出来ます。このように現在は様々なサービスがありますので、これらをうまく工夫して利用する事によって、快適な日常生活が出来るようになります。

考えられる悪影響

風邪を引いていない時でも鼻づまりになってしまう方も多いでしょう。風邪ではないので自然治癒で治ると放置しておくと日常生活に悪影響を与えてしまう恐れがあります。鼻づまりがしつこくなると眠りの妨げになり、ストレスにもなってしまいます。また、集中力が下がってしまうので、仕事や学業に支障がでてしまうでしょう。他にも、喉や気管、中耳に負担がかかるだけではなく、中耳炎や難聴になる可能性もあるので注意が必要です。最悪の事態を防ぐためにも症状が軽いうちに耳鼻科に行くといいでしょう。

よい機器を探す

少年

補聴器は、本人が最もよいと感じていても、体調の変化や左右聴力のバランスにより、使いづらい物である場合もあります。選び方を熟知したスタッフに任せ、よりよい機器を探しましょう。

More...

気になること

マスクの女性

補聴器を購入することで耳が聞こえづらい人でもしっかりと聞こえるようになります。その補聴器には色々な種類があり、あまり目立たないものを選ぶと良いでしょう。目立たないものだと、利用していることを知られないようにすることができます。

More...

利用する

病院

補聴器は高齢者が利用することが多いです。それは高齢者は細胞が衰えてしまうため聴力が落ちてしまうのです。その落ちた聴力を補うことができるのが専門の販売店で購入することができる補聴器になります。

More...